ベンチプレス140Kgの道 健康 40からの筋トレ講座

ベンチプレス140キロを目指す胸のトレーニング。種目にテーマを決めよう!

ベンチプレス140Kgの道

これはベンチプレスのMAX拳上重量140Kgを目指すブログです!

今日もやってきました、ベンチプレス140Kgの道。

胸だけではなく、肩や上腕三頭筋の筋力も総動員することが必要です。

あとは何と言っても、ベンチプレスに慣れることです。

その為には繰り返しベンチプレスをやって、自分の身体に覚え込ませる必要があります!

なので、これからは背中の日とか脚の日の締めに、ベンチプレスをやろうかなと考えています。

その辺の効果はまたお知らせしたいと思います。

 

今日の胸トレ

種目1セット2セット3セット4セット
ベンチプレス100Kg/3回100Kg/3回105Kg/2回
ハンマーインクラインプレス120Kg/10回120Kg/6回120Kg/4回110Kg/5回
Dプレス20Kg/10回20Kg/10回20Kg/10回20Kg/12回
ケーブルフライ23LBS/12回27LBS/12回27LBS/12回27LBS/12回
インクラインケーブルフライ20LBS/10回27LBS/10回27LBS/10回30LBS/10回
インラインプレス(PG)73Kg/7回73Kg/7回73Kg/7回73Kg/6回

今回もセット間のレストは2分です。

ベンチプレスの2分レストはめちゃめちゃキツイ💦

「2セット目以降は、前セットの回数を目標に、少しでも回数を落とさないように食いしばる!!」

うちポケ管理人
このマインドが結構重要で、意外に効果があります!!

 

メニューのテーマついて

全メニュー通して「2分レスト」を実施していますが、種目ごとに自分なりの「テーマ」を決めています。

例えば、、、

「ベンチプレス」は可能な限りの高重量で、ひたすらやるっ!!

重量の設定はどんなに重くても2回以上できる重量です。3セット目あたりには1回しか出来なかった…はOKです。

あくまで1セット目に設定する重量の話です。

ゆっくり下げて、爆発的に挙げるを意識して行っています。

目標はこのブログのタイトルにもあるように「140kgを挙げる」ことです。

140Kgを挙げるためには125Kgを5回挙げる必要があります。

その125Kgを1回挙げるためには、112.5Kgが5回挙げられないといけません。

分かりやすい100Kgで考えると、100Kgを10回挙げられるようになれば、112.5Kgが5回挙がる、そして125Kgが1回挙がる計算です。

うちポケ管理人
125Kgが挙がると、ベンチ140Kgが見えてくるので、100Kg×10回を目標にしています!!

 

「インクラインプレス」もほぼベンチプレスと近いですが、設定重量を変えています。

1セット目で少なくても5回以上できる重量で設定しています。

この種目は、ベンチプレスの拳上イメージを重ねて行っています。

ベンチプレスの爆発的な拳上練習の意味合いでもこの種目はピッタリです!

 

それ以外の、アイソレーション(単関節種目)は10回以上できる重量で設定して、比較的スローな動きで行っています。

 

まとめ

今日の記事のまとめ

瞬発力はゆっくり下げて一気に挙げるで練習!

100Kgを10回でベンチプレス140Kgが見えてくる!

マシンのプレス系はベンチプレスの良い練習台!

うちポケ管理人
今回は、トレーニング結果と合わせて種目に対してテーマを決めて臨んでいることをお伝えしました。

何も考えずに「挙がればいいなー」という感覚でやるのと、しっかりテーマを決めて「この種目の役割はこう」と思ってやるのでは大違いです!!

細かなことかもしれませんが、しっかりテーマを決めて効果的な筋トレライフを送りましょう!!

うちポケ管理人
最後までお読みいただきありがとうございました

 

参考ベンチプレス140Kgを挙げるには瞬発力と持久力がポイント!大胸筋下部を刺激するディップスも紹介。

続きを見る

うちポケ管理人

筋トレとランニングが趣味な「うちポッケ」の管理人。 渡り歩いてきた仕事は数知れず!たどり着いたのがブログの管理人ということです! 「長期の休みがあったら何したい?」 「めっちゃブログ書きたいっ!」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うちポケ管理人

筋トレとランニングが趣味な「うちポッケ」の管理人。 渡り歩いてきた仕事は数知れず!たどり着いたのがブログの管理人ということです! 「長期の休みがあったら何したい?」 「めっちゃブログ書きたいっ!」

-ベンチプレス140Kgの道, 健康, 40からの筋トレ講座

© 2022 うちポッケ Powered by AFFINGER5